雑記:ロンリーナイト マジックスペル

Posted on
植田真梨恵 感想

このブログは技術のことを書くのがメインだが、植田真梨恵のことを書かずにいられないので書く。

つい先日ライブDVD『植田真梨恵 LIVE TOUR 2017 [ロンリーナイト マジックスペル]』が発売された。

私はライブDVD自体はそんなに欲しいと思わない人間なのだが、植田真梨恵に課金したいので予約して買った。こう他人に言ったら何言ってるんだお前という反応をされたが、私の気持ちをもっとも適切に表しているのが「植田真梨恵に課金したい」なので仕方ない。

とりあえず時間がなかったので、受け取って2日後に予約特典のDVDのほうから聴いた。その一曲目が大好きな『僕の夢』だった。けれど残念ながら私には『僕の夢』の良さを語り合える友人がいない。

そうだ、ブログ書こう。

最初は全曲にコメントをつけようと思ったが、ぶっちゃけ全曲好きなわけではないので、好きな曲にだけコメントする。

予約特典

僕の夢

『僕の夢』はいい。ものすごく、はちゃめちゃにいい。

世に蔓延る応援歌は好きじゃないけど、この歌は応援歌じゃないのに気持ちを後押しされる。

これはあくまでも植田真梨恵が自らの気持ちを歌ったものであって、聴いている人間を応援しようとしていない。 私はただ植田真梨恵が夢を叶える自分を信じて進む姿を見て、自分も頑張ろうと思うのであって、そこに押し付けはない。こうやって間接的に人にパワーを与える、これが歌の力だなあと思う。

特にサビで繰り返し歌われる「飛び立てる」という言葉が好き。

ハイリゲンシュタットの遺書

今作は『ハイリゲンシュタットの遺書』のアレンジが良かった。

いつもより切なくて、この歌のテーマが際立つと思う。もちろんいつもの、遺書なのにやたらポップなところもいいんだけれど。

この歌の歌詞で一番好きなのは「これは愛だ」。好きすぎてこのフレーズをテーマにした小説を募集する企画をやったくらい。この歌に感じる一方通行の身勝手さ、それは遺書だからなのだろうけど、「これは愛だ」は最高潮に自己中心的でグッとくる。

変革の気、蜂蜜の夕陽

『変革の気、蜂蜜の夕陽』もドラマティックさが際立つアレンジだった。この歌はライブに本当によく合う。

本編

ペースト

そんなに書くことないけど好き。

スペクタクル

明るい歌が作れなくなった植田真梨恵が立ち直った歌だというエピソードも交えて好き。

この曲のサビめちゃくちゃいい。特にラストらへんの「雷鳴が響くよ」で伸ばすところ、歌っても気持ちいい。

愛おしい今日

MC聞いたけど、この歌ってそんな歌だったのか……? 『僕の夢』についてのMCだったのか? これすごく好きで、ストレートな恋愛曲としてはちゃめちゃに最高。甘い声でとてもファンタジックな一途さを歌っていて、私は勝手にキャラクターに当てはめて萌えていた。 何度も思うんだけど、植田真梨恵ってアニメ好きとか創作クラスタにめっちゃくちゃうけると思う。

僕の夢

本編バージョンも最&高。 本当に本当に、こんないい歌、他にあるかよ……飛び立てる……。

I was Dreamin’ C U Darlin’

YouTubeにあるから見て。

植田真梨恵LIVE「I was Dreamin’ C U Darlin’」

WHO R U?

トレーラーにも映ってたけど面白い演出。馬(笑)

パエリア

曲の前のパフォーマンス、何のチャレンジなの(笑) このツアーはこういうノリなんだな。 それにしても

植田真梨恵、かわいいが過ぎる💢💢💢

という感想が込み上げてくる。

まわる日々

YouTubeに(略

植田真梨恵LIVE「まわる日々」

夢のパレード

『夢のパレード』の前のMCは前からエモかったんだなあと思った。去年のUTAUTAUツアーでもエモかったんだけれども。

『夢のパレード』、売上的にはファンにしかうけなかったみたいなんだけど、抽象度の高い歌詞とロックな曲調がすきな私にはクリティカルヒットだった。

あとラストのサビがいい。YouTubeにショートバージョンのMVしかないの惜しい。これは最後まで聴かないと良さが伝わんないんじゃないか。

ダイニング

これはMVとの併せ技が最高的な感もあるけど、やっぱり曲自体が持つ闇がいいなあと思う。

この歌詞を書くような環境に育って、その上で『彼に守ってほしい10のこと』みたいな歌詞を作るところが植田真梨恵の良さ。

JOURNY

ライブのを聴きたいと思ってたので良かった。アルバム聴いてて、久しぶりに好きな感じのロック来たと思ってたので。

私が好きな感じのロックってインディーズ時代の曲なんだけど、植田真梨恵も歳を重ねて変わっていくから仕方ないよなと思う。

以上